美容に気をつかうのも仕事のうち

社会人であるならば、身だしなみに気をつけるのは当然のことですよね。私個人としましては、それもまあ仕事のうちかな、と思っています。例えば男性ならひげや頭髪を整える、女性であれば化粧をする、あたりですかね。
となると、美容に気をつかうのも女性の仕事のうちに入るのかな、と思います。

男性からしてみたら何だそれ、と思うんでしょうね。実際、私自身もそうですし。しかし女性目線だとそうなるんじゃないかな、と。
例えばエステやネイルサロンですね。言ってみればそれもまあ身だしなみの一つですから。そうやって考えるとこれもまあ女性の仕事のうちなんじゃないでしょうかね。それにこの手の仕事って、基本的に店舗側もお客さん側も女性ですよね。
受ける側も女性の仕事のうちなら、する側も女性の仕事という。基本、完全に女性の世界なのかな、と。
だって男性のエステティシャンって見たことあります?少なくとも私は30ン年生きてきて一度もないです。話すら聞いたことありません。どこかにいるのかもしれませんけど、ぶっちゃけ男性の需要が全くと言っていいぐらい仕事なんでしょう。同じくして、看護の仕事も女性が多いですよね。今では男性看護師も増えていますが、いまだに女性が多いのは事実。しかも、看護師から美容業界に転職してくる人もいるそうです。なんというか、やはり女性が多い職業には、女性がメインで働いている職業からの転職が多いのかもしれませんね。

要はこの手の美容に関わるものってのは、どちらに転んでも女性の仕事なんですよ。しかも完全に男性がシャットアウトされた世界なんですよね。男性の世界に女性が入り込んでくるってのが最近の傾向なんですけど、そっちの世界は絶対無理でしょうね。
絶対気持ち悪がられます(笑)
ま、とにかく世の男性諸君、女性がその手のことにうつつを抜かしていても、多少は多めに見てあげてくださいね。

コメントを残す